2012年02月26日

KANQU月例大喜利:如月【@個人的回答】

深夜に帰ってきたら、みんなで大喜利してました。
最終問題だけ参加できたので、全力で長文に走りました。
賞はとれませんでしたが、ちょっと頑張りましたのでご覧ください。
なお、KANQUがわかってないと面白くないと思います(笑)



Q10.【KANQU2】DASH村ならぬ、「KANQU村」を日本の中心・岐阜に作ることになりました。どうぞ、村の正面玄関に最もふさわしくないものを置いてください。

(ナレーション:平野義和)
着々と完成に近づくKANQU村。
しかし、そんな村の入り口付近で怪しい動きをするのは、この男!
くげ「いやぁ、やっぱりこれがないとしまらないよなぁ。」
いったい、何を置こうというのか?
さっと。「くぅげぇさぁまぁ、本当にこれ置くのぉ?」
くげ「いいじゃないか、KANQU村の象徴になるだろう?」
さっと。「知らないよ?私は。番長さんに怒られるよ?」
くげ「んん〜?もしそうなったらね、私はこう言うよ。
誰のおかげでKANQUが出来たと思ってるんだ!って。」
番長「おめぇのおかげじゃねぇよ。(背後から蹴り)」
くげ「あがっ」
さっと。「あ、番長さん。」
番長「さっきからなんかあやしいことしてると思ったら君たちは……」
さっと。「いやわたしはね、くげ様がどうしてもっていう(↑)から……」
番長「そーいう問題じゃないんだよ!
だいたいなぁんだい、このでっかい……これはぁ。」
そこにあるのは、布をかぶせられた大きな物体。
くげ「ん?これかい?これはね、KANQUといえば欠かせない、あの人の像だよ。」
番長「像って、でぃーど。先生の?」
くげ「いやでぃーどんは偶像崇拝の対象になるからダメだよ。」
番長「何をバカなことを……」
そして、翌日。
でぃーど。「で、これを置きたいと。」
くげ「うん。」
でぃーど。「よぉし、撤去。」
くげ「ちょっと!まず観てから判断してよ!」
でぃーど。「どーせ、どーせ、ろくなもんじゃないんだから!」
くげ「まあ見てよ、ほら!」
(ふぁさ!)
そこあったのは……
でぃーど。「……これは、ぱんださん?」
くげ「ああ。(自慢げ)」
でぃーど。「……鮭を咥えた?」
くげ「ああ!(自慢げ)」
でぃーど。「……さっとん。」
さっと。「はいせんせー。」
でぃーど。「撤去。」
さっと。「はーい、やーっぱりねー。」
くげ「ちょっとぉ!」


17分もかけてすみませんでした。
posted by きのした@なぎさ at 03:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/254113420
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。