2010年01月19日

明けたから、閉めない。

あけましておめでとうございます。冬眠したいです。きのしたです。

最近非常に眠いのですが、冬眠するには皮下脂肪が必要だそうです。なかなか私には難しそうです。

このまま皮下脂肪の代わりに何をつけたらいいかを考え始めたらデイリーポータルZになるんですが。

その前に書かなきゃいけないことがたくさんあるので。
いや、始めから冬眠実践方法について書く気はないんですけども。(笑)
年末年始のネットクイズをだだっと振り返りましょう。どうぞ。

●ゴモンセンス
くげ様のQUIZM12月企画。参加できるかどうか微妙でしたが、持ち寄り5問をきちんと消費できて満足です。ここでご紹介いたしましょう。

ジャンルは「ミステリ」。あなたに、解けますか?
推理問題はありませんが、皆さんの灰色の脳細胞から見事答えを導き出してください。

小手調べです、第1問。
まずは、日本のミステリから問題。
「二銭銅貨」でデビュー、明智小五郎や少年探偵団シリーズで知られるこの推理作家の名前は何でしょう?



A.江戸川乱歩
(藤井隆さんが乙葉さんと結婚するきっかけとなったドラマが「乱歩R」だったことをご存知でしたか?)

まだまだ序盤戦、第2問。
その江戸川乱歩の名前の由来となった推理作家と言えばもちろんエドガー・アラン・ポー。
ポーが書いた世界初のミステリとされる作品の名前といえば「何街の殺人」でしょう?



A.モルグ(街の殺人)
(短編小説であることをご存知でしたか?)

そろそろレベルを上げましょう。第3問。
さて、ミステリに登場する街にもいろいろあります。
シャーロックホームズがワトソンとともに生活しているのはベーカー街の221のA・B・C・Dのうちどれでしょう?



A.B
(ベーカー街221Bには今別の建物が立っていることをご存知でしたか?)

さあ、次はミステリファンの常識問題ですよ。第4問。
シャーロックホームズが初登場した作品は「緋色の研究」ですが、助手であるワトソンと初めて会った際
ワトソンがある国から帰ってきたばかりだということを一瞬で見抜きました。では、どこの国に行っていたのでしょう?



A.アフガニスタン
(握手をした瞬間に見抜いたことをご存知でしたか?)

この問題はよく、思い出してください。最終問題。
最後はここまでのつながりをぶった切り完全なる趣味問題を出題します。
私の大好きな推理作家である「はやみねかおる」は、必ずあとがきの最後にあるコメントを残します。ずばり、そのコメントは何?



A.Good Night, And Have A Nice Dream.(カナ表記OKとします)
(私の企画の最後で出てきたことを覚えていましたか?)

出したい問題が出せて、満足。
他の人の興味が見えて、満足。
フックさんの切れ具合、満足。

●ゆーぷさんちの音楽クイズ
いやぁ、見事なぬかっぷりで(゜▽、゜)
ゆーぷさんの音楽センスはもちろんのこと、皆さんの反応速度に驚いておりました。もう少し今の音楽に立ち返らないといけないなぁ。
優勝はだいさんが持って行ったということで、またぜひ次回参加してぬかりたいと思います。

●QDJ
昨年末は何の偶然か因果かわかりませんが、ダートレースでG1制覇を果たしてしまいました。ありがたいことです。
これからの目標は次の4つです。
「ダートG1で2勝目」
「芝G1制覇」
「ダートでさっと。さんに勝つ」
「芝ででぃーど。先生に勝つ」
2つ目以降が果てしなく遠いです。1<<<<(越えられない壁)<2〜4みたいな。でも、ちょっと頑張ってみようと思います。

●夢水清志郎SP
まずは、ご参加ありがとうございました。
長いこと温めていた企画でしたが、ようやく実を結びいまさらながらホッとしています。おそらく池藤めが手助けしてくれなければ、開催は相当先になっていたでしょう(笑)

実は、原作シリーズは先日最終巻を迎えました。

ああ、今やらないと。
そんな思いもあって、開催を決めたところもあります。

企画自体は1時間押しということで、皆様にご迷惑をおかけしました。
内容そのものは「得意とする演出が何ともたまりませんでした」というstellSTARの感想にぐっとガッツポーズ。満足いただけたようでなによりです。

予選第1ラウンドは、まず問題レベルの調整が難しかったです。
暗号問題に関しては、もう全力で倒してやろうという気持ちで作りましたから、誰ひとりとして答えられなかったことについては反省しません(笑)
でも、次にミステリクイズを作るときは、もっとアリバイ的なものもやってみたいなーと思うわけですが。

第2ラウンドは「かぞえ唄」という単語にヒントを隠したつもりです。フックさんが正解できた以上文句は言わせません(笑)
問題はほぼ池藤めに作ってもらいました。円周率はおもいついていましたが、フェイクにしようと思っていたところに同じ発想をかぶせてくる彼はやっぱりはろぷろせだいです(゜▽、゜)

敗者復活ラウンドで登場したのがクイーンです。
ここは毛色を変えたいな、と思ったところでやはり思いついたのがクイーンでした。teRuさんに伝わるように言えば、もちろん初登場の本は持っています。だから、ジョーカーは出しても彼は出しませんでした(笑)
クイーンシリーズは現在も続いていますので、是非こちらもお読みください。まずは「いつも心に好奇心(ミステリー)!」から。

第3ラウンドは「むしろミラージュクイズに注目が集まった」ことでおなじみですね。なじんでない。
わたしの企画ではよく多数決クイズが出ます。人と人とが互いを探り合う心理戦を演出するのに、一番手っ取り早いですからね。問題のひどさはお詫びいたします。だって、思いついたから(゜▽、゜)

最終ラウンドは準備問題数が少なかったなぁと。まさかあそこまで白熱した戦いになるとは思ってもみず。いい形式を考えたものだ。どの形式もそうなんですが、またいずれやってみたいですね。

決勝ラウンドは1○1×サバイバル。
この形式だと膠着しがちなので、スルー3×ルールを加えたことでより一層の緊張感を与えました。よもやこんなことになるとは。
ここで戦い抜いた5名の方々は、本当にお疲れ様でした。

そして、真の最終ラウンド。
ここはスペースがあったので、(T)先生にはあっさり気づかれていました。池藤は私が言うまで気づきませんでした(゜▽、゜)
このラウンドを用意した最大の理由は「レーチ」という言葉を出したかっただけです。おかげでえらいことになりました(笑)

結果としてはQDJ主宰であるGo.Yさんが見事賞品をゲット。本当にお見事でした。賞品を渡して、赤い夢の世界へ引きずり込みたいと思います(゜▽、゜)

皆様も、本屋で見かけたらぜひ手に取ってくださいね。
実は、ルールページの紹介文には「夢水シリーズに欠かせないあること」が書かれていません。この謎は、是非本の中で確かめてください。

●誰やら!3
もはや教授の鉄板企画。今回ももちろん参戦いたしました。
残念ながら結果は「ばんざーい、なしよ」だったわけですが、それはそれ。(笑)
リニューアルしたヒポカン、わがチームのぬかっぷりをさらした幸運のサポーター、そして何よりみんなの力一杯の早押し。
一昔前、古き良き時代のクイズ企画、と言いますが。
これぞ王道と言わずして、何を王道というか。とも思ってしまうのです。
というわけで次回も是非、私とstellとh君は勝俣チームでお願いします(゜▽、゜)

●雑学ちゃんぴおん
諸事情から本当に急に決まりました。決まった割には盛り上がったようで、非常に満足しております。
まあ、私としては「35分間名前つけに終始する」という非常に残念な事態を巻き起こせたことが楽し、いや、反省しないといけませんね、ええ(笑)

今度はぜひ、ぱんだ商店で開催したいと思います。

●サバイブ&流行語
ヴァナPKと同時進行だった為ちらちらとしか見られませんでしたが、パネルと問題を見るに相変わらずひどいなぁと思った次第です(゜▽、゜)

そしてぱ商流行語はなぜか私が取ってしまいまして。
ぬかぬか言ってるだけなんですが、この勢いを借りて今年もなにかしらやっていこうと思いますので、お付き合いのほどを。


●シャープに答えて!
これも突発的に決まりました(笑)
何が一番悪いって、私とでぃーど。先生の思惑が一致してしまったことでしょうか。どうしてこうなった。
最後のシャープBOXもしっかり盛り上がり、たまにはこんな早押し企画もいいんじゃないかと思った次第です。

●ヴァナPKクイズ
年末最後と年始最初のゲストにさせていただきました。
毎度思うのですが、FFやらないのにいいんでしょうか?(笑)
まあ、私の立ち位置はあくまで皆様に得点と★を差し上げることなので。そう言いながらセンスマッチをがっつり研究しているのが、私です。
シーズンが変わりルールがシンプルに。そしてより楽しみやすくなったヴァナPKクイズ。お暇なら聞いてねーと、観夏さんに代わって宣伝いたします。


さあ、ようやく年末年始の企画をあらかた振り返りました。
新しい年にはどんな企画が、そしてどんな出会いが待っているのでしょうか。楽しみですね。

あと580万、今年ことぱ商に返済するぞ。・゚・(ノД`)・゚・。
posted by きのした@なぎさ at 02:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。