2009年11月09日

後から見返して思いだせるように。

見えないものが見えてきました。いえ、オカルト的な意味じゃなくて。きのしたです。

ここ数日、あがきもがいている様をお見せして、誠にお見苦しいものをお見せしました。申し訳ないです。そんな時もあると仰っていただけることを期待して書いている自分がいることがなおのこともう(笑)

さ、あまり書きすぎるとますますもって中二病臭くなりますので、このへんにして。

さらに中二病臭いことを書いてみます、ついてこられるかな(゜▽、゜)

まあ、もがいていても次の日はやってくるわけでして、それでも答えは見つからず、相変わらず苦しかったりするわけですよこれが。

で、そもそも自分は何がしたいのだろうと。そればかり考えていたわけです。ところがこれがみつからない。

そこで逆に考えてみました。
つまり、自分は何が「したくない」のか。
仕事だからとかいろいろなしがらみをとりあえず横においておいて、自分勝手な都合だけで考えてみることにしました。わがままな気持ちもそのままに書いてみます。なので「そうは言っても仕事だから……」とか「そんな自己都合は通らない」と思っても、スルーしてください。

それは、23年間私がずっと自分に課してきたことですから(笑)

今の仕事はコールセンターで、言ってみれば「喋りの仕事」に変わりはないわけです。でも、そこにいる自分は相変わらず苦しんでいるばかり。

つまり、このコールセンターの仕事は「したくない」わけです。

自分が好きな「喋り」なのに「したくない」。
なんだか矛盾しています。でも、現実そうなわけで。
つまり自分には「喋り」たくないことがあると、改めて気付いたわけです。

じゃあ自分はどんなことが「喋り」たいのか?

ここで自分自身を探ってみると「クイズ」が好きだということが大きな割合を占めています。

そもそもにして「クイズ」が好きな私は、いわゆる「知的好奇心」が旺盛。知らない世界を知ってみたい、今知らないだけで興味のない世界はないと言ってもほぼ等しい。
そりゃ、ぐっちゃぐちゃの泥沼愛憎劇とか、知りたくないこともあるにはあるんですけどね。でも、あえてそういう「キタナイ」ものも知ってみたい。そんな好奇心もあります。

そうして「知る」ということに対して、私は常に貪欲でした。だからこそ、学校の授業もある程度のレベルを常に維持できたわけですが……それを受験などの道具に使うのは苦手だったようです(笑)

ここまででわかることは、私が「喋り」たいのは様々な世界の人たち(あるいはそれらがわかる媒体、本やテレビやラジオなど)と、様々な事柄についてであり、それを「知る」ことについて歓びを感じているのだ……ということ。



でも、果たしてそれだけだったのか?



私は「クイズ」を通して多くの人に問題を出してきました。
それらは自分の知っている知識、調べた知識、面白いエピソード、あるいはシステムや人物などなど……自分が「知る」ことが出来たあらゆること。
その中には、雑学であったり、アニメであったり、心理学であったり、本当に雑多なものが入り混じっていました。

それらを誰かに「喋り」「伝える」ことによって、私は本当にうれしいと感じていました。


そう、自分が「喋り」「知る」ことが出来た何かを、今度は自分が「喋り」「伝える」。


もっと簡単にいえば、


「面白いことを聴いて、面白いことを誰かに伝えたい。」


これが自分のしたいこと。
だから、自分は「喋り」たくて仕方なかったんだなぁと、ようやく気付いたわけです。
こう言う気持ちは誰もが持っているのかもしれませんが、残念ながら私はこの気持ちが人より異常なまでに強いようです。

そりゃ、今のコールセンターの仕事は合わないわけだ(笑)
自分のしたいことの真反対のことを、しかも「喋り」の仕事としてやっているわけですから。

23年経って、ようやく自分の本当の気持ちに気づきました。
おっそいなぁ、でもこんなもんなのかなぁ(笑)


さあ、気づいたところで明日も同じ仕事が待っています。
それでも今までよりは少しばかり気が楽です、なにせ「したくない」理由がわかったわけですから。


さて、話はここで終わりません。
じゃあ私は今気付いたことを「仕事にしたい」のか?
「仕事にしたい」なら、それなりの覚悟が必要です。時間や労力を削るだけでなく、そこには明らかにやりたくないことだって混じってくる。
ただ、それ以上に自分が求めていた世界が開けてくるかもしれない。

ここで困ったことに、多少今の生活で満足している自分が見えてきます。

ネットクイズの知り合いは思った以上に面白い連中が多いですし、mixiやブログや、もちろんリアルの知り合いにも本当に様々な方がいて、様々な面白さを持っていらっしゃる。



ここに留まっているわけにもいかないが、ここで走り続けるようにすれば、案外自分が求めているものは手に入るんじゃないか?



でも、一方でこうも思います。



ここにいつまでもいられるわけがない。同じようなこと、それ以上のことを求めるならば、別の世界を切り開くべきではないか?



さあ困りました。どちらを求めるかは、自分次第。
でも、どちらを求めるべきかがわからない。
何を基準にすべきか、心を基準にしたくても心がわからない。

人のことは占えても、自分は占えない。
タロット占いの基本です。

23歳にもなって、こんなことを考えられるのは甘い環境にいるからなのかなぁとも思います。甘ったれてるなぁとも、思います。
こうして日記に書くことで、自分への問いかけとともに、他の人を頼ろうとしている自分もいて、とても嫌な気持になります。

でも、それも受け入れた方がいいのだろうか。
そのほうが、もっと上に行けるのか。今の場所にいられるのか。

いまさら考えたって遅いんですがね。
皆さんがこの日記を読んでいるということは、つまりそういう選択をしたということですから(笑)

いつになく長い日記になりました。そろそろ寝ないと本格的に明日がまずいです。数日すると良い睡眠を取るのにいいという味の素の「グリナ」が届きます。効くといいなぁ(゜▽、゜)

そんなこんなで、脳をフル回転させてハンゲ麻雀でひどいツモを魅せた今日の私は休もうと思います。でぃーど。せんせ、S.Kさん、ごめんなさい(゜▽、゜)

明日は小森まなみさんをひたすら聴いているような気がします。
それでは皆さん、おやすみなさいませ。
posted by きのした@なぎさ at 00:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 思想・論争・時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。