2009年06月24日

愛だの恋だの。(mixi日記より持ち込み)

mixiニュースでは各出版社の記事が見られますが、「All About」というところは「ただの日記じゃねぇか」というコラムがたびたび見られるので、評判が悪いです。それを踏まえて。

またAll Aboutか(゜▽、゜)

という突っ込みはさておき、この2組を持ち出したことについては評価してもいいと思ったので、久々に引用して記事を書いてみます。

おそらくこれを読んで「自分たちとは違う」「結局男の浮気を認めろということか」という残念な記事が増えるんだろうなー、と思うわけです。こういう書き方をしたらそういう読み取りしかできなくなるのも当然なわけですが。かといって「こういう風になりましょう!」というつもりもさらさらなく。

多様な見方ができます。多様な考え方ができます。
ただ、愛だの恋だのにおいて幸せになろうと思うなら「受け入れ、伸びる」ことができるといいんじゃないかなと、私は思うのです。
人をただ受け入れるわけではなく、自分だけが頑張ろうというのでもなく、相手を知り、自分を知り、一日一歩ずつ進んでいくこと。

いい面ばかりじゃないけれど、悪い面ばかりでもないだろうし。
毎日よくなれるわけじゃないですが、悪くなるばかりということもないでしょうし。

心惹かれ、付き合おうと思った縁がそこに生じたのであれば、その縁に一つ身を投げてみようと思う気概が必要なのではないかな。

「この程度の意見か」とか「女を見下してる!」とか、そういう「怒り」
とか「蔑み」とか、そういう感情に囚われているうちは、そりゃあ幸せにはなれないだろうし。

「自分とは違う」と言って、自分の中にないものを拒否しているようでは、次の一歩を進むことはできないでしょうし。

目指すところが高いかではなく、自分や誰かを見下すのではなく、自分と、大切な人が、どうすれば一歩進めるか。

大切な人が、どこにいるのか。
何が自分に、大切なのか。

それはきっと、わからないなら、怖いなら、嫌で仕方ないなら。
わからないこと、怖いこと、嫌なことを、一度自分の中に入れてみることで、きっと「わかる」ようになるのかもしれません。

その方がたぶん、誰かと生きるのが、面白くなるんじゃないかな。



浮気で絆を深めるカップルの秘密
http://allabout.co.jp/relationship/womenlove/closeup/CU20080531A/
posted by きのした@なぎさ at 23:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 思想・論争・時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。