2008年12月02日

被害者は誰だろう?

こんにゃくゼリー、消費者団体が「販売見送り」求める声明
(読売新聞 - 12月01日 19:18)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081201-OYT1T00646.htm


どれだけきちんと書いてあっても、消費者が意識を高めない限り事故はなくならない。互いの連携あっての安心・安全だと思うのですが、どうやら昨今の「消費者様」は責任をすべて企業になげうったようです。

企業が信頼できないなら、いっさい物を買わないでほしい。
厚顔無恥とは、このことと思うのですが。

……とはいえ、あの「毒入り餃子」と同列でこの問題を語るような「消費者団体」のようなので、厚顔無恥というより荒唐無稽といった感じですが。「一般市民の代表」を語る人間に、ろくなのがいた試しがない。


しかしまあ、こういうので訴訟が増えたら、ますます日本は欧米化していく一方ですね。

「まさに、グローバリゼーショーン!」
「欧米かっ!」


……失礼しました(笑)
posted by きのした@なぎさ at 16:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 思想・論争・時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。